100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー8階・10階

顧問紹介

顧問Advisor

ランドール・レーダーLANDALL Rader

+1-703-861-6078 tel
randall.rader@theradergrouppllc.com

  • japanese
  • english

略歴

1975-1980年
米国下院歳入委員会評議員
1980-1988年
米国上院司法委員会小委員会最高評議員
1988-1990年
米国連邦請求裁判所裁判官
1990-2010年
米国連邦巡回控訴裁判所裁判官
2010-2014年
米国連邦巡回控訴裁判所長官

25年以上にわたり、レーダー判事は、知的財産法と法律学の分野でリーダーであると考えられてきました。レーダー判事の長官としての功績は、彼の出版物や彼の知的財産法のグローバルな教育を通じて、世界中の学生、裁判官、政府関係者に対して知的財産権に関する強い印象を残しています。レーダー判事は、1990年にブッシュ大統領によって連邦巡回控訴裁判所の裁判官に任命され、2010年6月1日に同裁判所の長官職を引き受けました。
2014年に退官した後、レーダー判事はThe Rader Groupを設立し、仲裁、調停、そしてリーガルコンサルタントや法教育サービスに取り組みました。レーダー判事は、パリのICC規則に基づく主要な仲裁案件を主導し、進行形の訴訟を解決するために調停を行ってきました。また、ワシントンDC、サンタクララ、バンコク、ソウル、東京、ミュンヘンの主要なロースクールでフルクレジットの授業を行ってきました。また、知的財産戦略や訴訟に関する助言を企業に対して行い、各国政府に対して、国際的な知的財産水準について助言を行ってきました。
レーダー判事は、世界レベルで、イノベーション政策の改善を提唱し続けています。

三村小松法律事務所との提携に関する意気込みをお聞かせください

レーダーグループは、三村小松法律事務所との協力により、知的財産権紛争に対して最高のカウンセリング、助言、訴訟経験を提供することを心待ちにしております。
我々は協力して、米国裁判所、国際貿易委員会、特許審判委員会、又は生じ得るその他の手続において、いかなる課題にも対処することができる並外れた専門性を提供します。

Professional backgrounds

1990-2010
Circuit Judge, United States Court of Appeals for the Federal Circuit
1988-1990
Federal Trial Judge, United States Claims Court (later Court of Federal Claims)
1980-1988
Chief Counsel, Senate Judiciary Committee Subcommittees
1975-1980
Counsel, House of Representatives, Interior and Ways and Means Committees

For over 25 years, Judge Rader has been a thought leader in the field of intellectual property law and jurisprudence. His work as Chief Judge, his publications and his work teaching patent law globally to students, judges and government officials has left an indelible mark on the field of IP law and the protection of IP rights throughout the world. Judge Rader was appointed to the United States Court of Appeals for the Federal Circuit by President George H. W. Bush in 1990 and assumed the duties of Chief Judge on June 1, 2010.

Since leaving the bench in 2014, Judge Rader has founded the Rader Group, initially focusing on arbitration, mediation, and legal consulting and legal education services. Judge Rader has presided over a major arbitration under ICC rules in Paris; conducted mediations to settle ongoing litigation; joined law faculty at Tsinghua University; conducted full-credit courses at leading law schools in Washington, D.C., Seattle, Santa Clara, Bangkok, Seoul, Tokyo, Munich; consulted with major corporations and law firms on IP policy and litigation; and advised foreign governments on international IP standards. He continues to advocate improvements in innovation policy through speaking engagements worldwide.

The Rader Group looks forward to cooperating with Mimura, Komatsu & Tamai to bring the finest counsel, advice, and litigation experience to IP disputes. Working together we will provide extraordinary abilities to meet any challenge in U.S. Courts, the International Trade Commission, the Patent Trial and Appeal Board or other proceedings that may arise.