100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー8階・10階

海事スペシャリスト

教授 / 一級海技士(航海) / 博士(心理学) Professor / Captain / Doctor in Psychology

古莊 雅生FURUSHO Masao

03-6273-4824 tel
03-6273-4825 fax
furusho.masao@mktlaw.jp

  • japanese
  • english

学歴・職歴

1978年
神戸商船大学 商船学部 航海学科 卒業
1978年
運輸省(現 国土交通省)航海訓練所(現 独立行政法人)助手、練習船次席三等航海士
1983年
同 講師、練習船二等航海士
1986年
運輸省(現 国土交通省)海技大学校(現(独)海技教育機構)講師
1987年
同 助教授
1988年
運輸省(現 国土交通省)航海訓練所(現 独立行政法人)助教授、練習船次席一等航海士
1992年
神戸商船大学(現 神戸大学)助教授、船舶安全学
1994年
文部省(現 文部科学省)内地研究員(中京大学文学部心理学科)
1995年
神戸商船大学(現 神戸大学)附属練習船深江丸船長&併任
2001年
近畿船員地方労働委員会 公益委員(-2003年3月)
2003年
神戸商船大学(現 神戸大学)教授
2003年
JICA(国際協力事業団/現 国際協力機構)長期専門家(海事研究担当/イスタンブール工科大学(-2005年3月)
2003年
神戸大学と統合、神戸大学海事科学部附属国際海事教育研究センター 教授
2005年
神戸大学海事科学部附属国際海事教育研究センター長
2006年
神戸大学海事科学部海技実習センター長
2007年
神戸大学 乗船実習科長(-2009年3月)
2010年
神戸大学大学院海事科学研究科海技教育センター長 (-2012年3月31日)
2011年
神戸大学 乗船実習科長(-2013年3月)
2012年
神戸大学大学院海事科学研究科国際海事研究センター長(-2016年3月31日)
2015年
副会長 一般社団法人 照明学会(-2017年6月)
2016年
会長 公益社団法人 日本航海学会(-2018年6月)
2020年
神戸大学大学院海事科学研究科 教授(国際海事研究センター輸送システム科学研究部門)
2020年
三村小松山縣法律事務所に入所

主な取扱分野

船舶安全学、航海学、人間工学、海事法規、海事労働法

著書・論文等

海技実習ポケットブック 14版 古莊 雅生(担当:共著) 海文堂出版株式会社 2018年4月 (ISBN: 9784303111069)

概説 海事法規(改訂版) 古莊 雅生, 藤本 昌志, 根本 到, 岡田 順子, 渕 真輝, 小原 朋尚(担当:共著) 株式会社 成山堂書店 2015年2月

究極の天測技法 鈴木 邦裕, 古莊 雅生(担当:共著) 海文堂出版株式会社 2014年5月

他 2冊

A New HEART – 4M Method for Human Error Assessment in Maritime Collision Accidents, Ludfi Pratiwi BOWO, Masao FURUSHO, Wanginingastuti MUTMAINNAH, Transactions of Navigation 5(2), Japan Institute of Navigation(JIN), pp39-46, 2020/09/18

Visual Condition at Sea for the Safety Navigation, Masao FURUSHO et al, H 23.6, International Recent Issue about Ecdis, E-Navigation and Safety at Sea, TransNav 2011, Gdynia Poland, pp.157-161 GDYNIA MARITIME UNIVERSITY, POLAND, "ISBN 978-0-415-69112-3(Pbk), ISBN 978-0-203-15742-8(eBook)"

MARD -Maritime Academic Resource Database, Bogumil Laαynski, 古莊 雅生, The International Journal on Marine Navigation and Safety of Sea Transportation 8(4) 591 - 595 2014年12月

他 110編以上

セミナー・講演等

海事安全を維持するための危険予知, 古莊 雅生, 2018年 海事安全に関する国際会議(MASTIC2018) 2018年7月 スラバヤ工科大学

適切な見張りの視認に及ぼす太陽光の影響, 古莊 雅生, 日本航海学会 第138回講演会 2018年6月 公益社団法人 日本航海学会

ヒューマンエラーはなぜ起こる?, 古莊 雅生, 安全衛生管理者・実務担当者連絡協議会, 国土交通省神戸運輸監理部、2006年1月

他 20回以上

『ヒューマンエラー防止のためのリスクパーセプション(安全予測)』, 古莊雅生, 平成27年2月3日, 平成26年度第2回 運航管理者及び乗組員研修会, 神戸旅客船協会, "神戸市産業振興センター904・905 会議室"

『グッドシーマンシップ』-船舶の安全運航とヒューマンエラー-, 古莊雅生, 平成26年7月6日, 神戸大学 岡山学友会 総会 "ピュアリティまきびにて

『日本の海洋教育を考える -船長さんが語る海洋教育- 練習船深江丸の海事教育効果について』, 平成22年3月6日, 第2回 海洋教育フォーラム, (社)日本船舶海洋工学会 海洋教育推進委員会 船の科学館 本館4F マリンホール

他 20回以上

Academic and professional backgrounds

1978
Graduated from Kobe University of Mercantile Marine
1978
Ministry of Transport, Institute of Sea Training, Junior Third Officer onboard Training Ship
1983
Lecturer of the same, 2nd Officer onboard Training Ship
1986
Ministry of Transport, Marine Technical College, Lecturer
1987
Ministry of Transport, Marine Technical College, Associate Professor
1988
Ministry of Transport, Institute of Sea Training, Associate Professor, Junior 1st Officer onboard Training Ship
1992
Associate Professor, Kobe University of Mercantile Marine, Seamanship
1994
Ministry of Education, Research Associate of Chukyo University, School of Psychology
1995
Captain, Training Ship; FUKAE MARU
2001
Public interest member, KINKI District Labour Relations Commission for Seafarers (up to 2003)
2003
Professor, Kobe University of Mercantile Marine (KUMM)
2003
Long Term Expert, JICA (Japan International Cooperation Agency) Istanbul, TURKEY (up to 2005)
2003
Professor, International Maritime Education Research Centre (IMERC), Kobe University(KU) (KUMM merged with Kobe University)
2005
Head of IMERC, Graduate School of Maritime Sciences, Kobe University (GSMSKU)
2006
Head of Sea Training Center, GSMSKU
2007
Head of Sea Training Course, Kobe University
2010
Head Faculty of Sea Training Center, GSMSKU
2011
Head of Sea Training Course, Kobe University
2012
Head of International Maritime Research Centre, GSMSKU
2015
Vice President, The Illuminating Engineering Institute of JAPAN (IEIJ) (up to June, 2017)
2016
President, The Japan Institute of Navigation (JIN) (up to June, 2018)
2020
Professor, International Maritime Research Centre, GSMSKU
2020
Mimura, Komatsu & Yamagata Law Firm

Main practice areas

Seamanship, Navigation, Ergonomics, Maritime Regulation, Maritime Labour Law