100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー8階・10階

ニュース

薬品特許の進歩性に関する最高裁判決により差し戻された事件における知財高裁判決についてのお知らせ

2020.06

三村量一弁護士が被告を代理したオロパタジン事件(「ヒトにおけるアレルギー性眼疾患を処置するための点眼剤」事件)につきましては、最高裁令和元年8月27日判決(平成30年(行ヒ)69号審決取消請求事件)において破棄差戻判決がされていましたところ、知財高裁(第2部)での差戻審(令和2年(行ケ)10118号事件)において、令和2年6月17日、原告の請求を棄却するとの判決がされました。