100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー8階・10階

ニュース

澤田将史弁護士が金融ファクシミリ新聞セミナー「AI・ビッグデータを利活用したビジネス契約と知的財産権への対応」に登壇します
【8月25日(火)13時30分~】

2020.07

日時 8月25日(火)13:30~17:30

会場 金融ファクシミリ新聞社セミナールーム
   東京都中央区日本橋小網町9-9 小網町安田ビル2階
電話  03-3639-8858

演題 AI・ビッグデータを利活用したビジネス契約と知的財産権への対応

講師 澤田 将史 弁護士 (三村小松山縣法律事務所)

概要   近年、AI・ビッグデータを用いたビジネスが盛んになっていますが、それを行うに当たって注意しなければならないのが知的財産権の取扱いです。ビッグデータを収集する、AIを開発する、ビッグデータを提供する、AIにデータを学習させる、学習したAIを提供する、AIが何かを生成する、AIが生成した物を利用するといった様々な場面で知的財産権が関わってきます。
 本セミナーでは、近時改正された著作権法・不正競争防止法の内容にも触れながら、AI・ビッグデータと知的財産権に関する現在の議論の到達点を紹介し、AI・ビッグデータを用いたビジネスにおける知的財産法に関する留意点を解説します。4時間かけ、基礎からしっかり学習していただきます。

主な講義項目

1 ビッグデータと知的財産権の関係

(1)ビッグデータの知的財産権による保護
(2)著作権法の柔軟な権利制限規定によるビッグデータの利活用
(3)不正競争防止法の限定提供データ保護制度の活用法

2 AIと知的財産権の関係

(1)AIプログラム等の特許法、著作権法、不正競争防止法上の取扱い
(2)AI生成物の知的財産法上の取扱い
(3)AI生成物が他人の知的財産を利用する場合

3 AI・データに関する契約のポイント

(1)従来の契約と異なるポイント
(2)データ提供型契約、データ創出型契約、データ共用型契約のポイント
(3)AI開発型契約、AI利用型契約のポイント

4 今後の法改正の展望

※詳細・申込みにつきましては,以下リンク先を御覧ください。

https://www.fngseminar.jp/seminar/index.php?p=detail&num=4304&ot=