100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー8階・10階

ニュース

【大口裕司弁護士】
金融財務研究会/経営調査研究会主催
オンラインセミナー「物流・貿易の法務と危機管理(入門編)」に登壇します。
【2022年1月18日(火)10:00-12:00】

2021.10

大口裕司弁護士が、金融財務研究会/経営調査研究会主催のオンラインセミナー「物流・貿易の法務と危機管理(入門編)」に登壇します。
大口弁護士は、海事・物流・貿易の分野を得意とする弁護士です。

日時:2022年1月18日(火)10:00-12:00

詳細・申込みにつきましては、こちらをご覧ください。


(内容)
1.貿易や物流の世界の概観
 ①貿易・物流の世界のプレイヤーとなる企業を知ろう
 ②メーカー、物流企業や貿易企業など、それぞれの企業の位置付け
 ③問題が発生したとき、誰に対してクレームすればいいのか

2.運送契約の基礎
 ①荷主と運送人の関係性
 ②荷主の権利と義務:運賃、荷造り、危険物など
 ③運送人の権利と義務:堪航性、船積、航海、荷揚、引渡し、船主責任制限法など
 ④代表的な契約条項:ヒマラヤ条項、デマイズ条項、不知約款、双方過失衝突約款(Both-to-Blame Collision Clause)など
 ⑤国際物流の特殊性:国際海上物品運送法(ヘーグ・ヴィスビ-・ルール)、パッケージ・リミテーション、航海過失免責、火災免責など
 ⑥コンテナ貨物の特殊性:LCLとFCLの違いなど

3.海上運送契約に用いられる契約書類
 ①船荷証券(BL=Bill of Lading)とはどのようなものか
 ②船荷証券の読み方:特に裏面約款
 ③船荷証券の性質と種類
 ④海上運送状(waybill)との違い
 ⑤船荷証券上の権利者と義務者は誰か

4.事故対応と事故リスクの管理
 ①荷主からクレームをする場合の留意点
 ②免責事由、立証責任
 ③逆に、荷主が責任追及される場合
 ④平常時の事前対策(リスク管理)として何ができるか

5.物流・貿易における債権回収と取引リスクの管理
 ①取引条件、インコタームズ(FOB、CIF、EXWなど)、ウィーン売買条約
 ②国際的な債権回収:ニューヨーク条約など
 ③紛争予防、リスク管理

6.質疑応答