ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト ダミーテキストダミーテキスト ダミーテキストダミーテキスト ダミーテキストダミーテキスト ダミーテキストダミーテキスト ダミーテキストダミーテキスト ダミーテキストダミーテキスト ダミーテキストダミーテキスト ダミーテキストダミーテキスト ダミーテキストダミーテキスト ダミーテキストダミーテキスト ダミーテキストダミーテキスト ダミーテキストダミーテキスト ダミーテキストダミーテキスト ダミーテキストダミーテキスト ダミーテキストダミーテキスト

ダミーテキストダミーテキスト ダミーテキストダミーテキスト

三村弁護士は、裁判官としての30年以上の実務経験の中で、最高裁判所調査官、東京地方裁判所部総括判事、知的財産高等裁判所判事などを歴任してまいりました。青色発光ダイオード事件をはじめとした著名事件を担当した後、2009年に退官し、長島・大野・常松法律事務所のパートナー弁護士として、特許訴訟、行政訴訟、大規模訴訟などの数多くの訴訟において代理人として活躍してまいりました。証拠の評価、判決の見通し、裁判所の傾向分析から和解交渉まで、訴訟における三村弁護士の長年の経験を活かして、依頼者の皆様がご納得される解決に導きます。


名前 ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト

H2見出しH2見出し

ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト